多汗症治療にはボトックス注入が効果アリ!

多量の汗をかく症状と対策

カウンセリング

多汗症というのは汗かきとは違って、暑くもないのに多量の汗をかく症状です。ストレスなどが影響していると思われますが明確な原因はわかっていないのです。生活環境や食生活の見直しでホルモンバランスを整えることが大事です。美容整形でのビューホットという高周波を照射する治療で、汗腺を破壊して治すことができます。

More Detail

汗の量を正常にする

3人のドクター

多汗症とは、手足をはじめ、わきや顔、背中などの部位で大量に発汗する症状を言います。治療は症状の程度にあわせていくつかの方法がありますが、医療機関での治療だけでなく生活習慣も変えていくことで症状改善につながるとされています。

More Detail

脇の汗の量を抑える

腕を上げる人

女性が気になる脇の症状に多汗症があり、汗が多く出てしまうことでいろいろな悩みが出てきてしまいます。症状が重い場合は普段の対策では効果が感じられないこともあるので、その原因から解消していかなければいけません。美容外科では多汗症の治療が積極的に行われ、根本的な治療で症状が重くても十分に効果が得られます。

More Detail

もう汗で悩まないために

水着のレディー

注射1本で汗をストップ

人前でプレゼンを行っている時、ダラダラと額に汗が流れ出して止まらなくなってしまった、薄着の季節になると脇の下の汗ジミが気になって、腕を上げられない、多汗症の悩みは人それぞれです。中には周りは誰も気がついていないようだけれど、本人は死ぬほど悩んでいるという場合もあります。かと言って、手術を受けるのは傷が残りそうで心配だし、手術をするほどでもない、そんな時に頼りになる治療が、ボトックス注射です。今やヒアルロン酸と並んでプチ整形にはなくてはならないボトックスですが、多汗症やワキガの治療にも威力を発揮してくれるのです。何と言ってもボトックスの良さはその手軽さです。注入時間はわずかに5分から10分ほど、会社帰りに、仕事や家事の合間に、気軽に誰でも受けることができます。しかも傷も残らずダウンタイムもありませんから、当然次の日から普通にいつもの生活を送ることができます。整形と聞くと、どうも尻込みしてしまう、そんな方にもボトックスでしたら安心して受けることができるのです。しかも、効果が出るまでの時間が、3日から1週間と割合に短いのも人気の秘訣です。この日に大切なプレゼンがある、どうしても汗をたくさんかきたくない、と思ったら、その日に合わせて施術を受けることが可能なのです。多汗症は、周りが思っている以上に本人にとっては重く、苦しい問題であることが多々あります。中には汗やその臭いが気になって、人前に出ることができないという人もいます。注射1本で、それまでの悩みがウソのように多汗症の症状を抑え、臭いを予防してくれるボトックス、これからも多汗症治療に悩む人の強い味方です。

特徴をつかんで上手に利用

多汗症の悩みに注射1本で応えてくれるボトックスですが、上手に利用する方法とはどのようなものがあるのでしょうか。ご存知のように、ボトックスによる治療は永久的なものではありません。だいたいその効果は1回の注入で3ヶ月から6ヶ月ほどと言われています。ですから、特に汗が気になる夏場や、大きなイヴェントなどの日程に合わせて注入し、ちょうど効果が高い時に時期を合わせることができます。そして、定期的に注入することで1年中効果を持続することも可能です。整形クリニックの中にはフリープランなどを設けて、1年間に複数回無料で再注入してくれる所もあるので、そうしたプランを利用するのもいいでしょう。また、ボトックスは脇の下だけではなく、額や手足、うなじなどにも使用できます。多汗症は、何も脇の下だけではありません。手の平に汗を大量にかくのがコンプレックスになっているという方もたくさんいます。ボトックスでしたら、自分の望みの部位の汗を抑えることが可能なのです。そして、ボトックスと一口に言いますが、実は同じボトックスでもその作られた会社によって、特徴や品質に若干の違いが見られます。例えば、広範囲に効果を発揮してくれるもの、範囲は狭いけれどピンポイントで狙った箇所にピシッと効いてくれるもの、痛みの少ないもの等々です。自分の効いてほしい部位や、痛みに強いのか弱いのかなどの状況に合わせて、適切なボトックスを選びましょう。多汗症の治療というと、汗腺を除去しなければいけないのかと、つい大げさに考えがちです。しかし、注射1本でそれまでよりもグッと汗が抑えられることもあるのです。まずは、一度クリニックで相談されてみるのもいいのではないでしょうか。